image

ネット銀行のメリット

口座開設からいつでもどこでも利用できる利便性の高さ

まず、起業直後の会社の場合、銀行口座を開設することは必要不可欠ですよね。ですが、実績のまだない会社は、信用性が認められづらいため、銀行口座の開設が難しいのが現状です。大手の銀行で口座を開設するためには、何度も支店に通わなくてはならなかったり、膨大な資料や契約書が必要になる事も少なくありません。その点、ネット銀行はネット上でのやり取りと、必要書類の郵送のみで口座の開設が可能です。起業したての忙しい時間を有効に使うためにも、ネット銀行は大きなメリットを持っていると言えるでしょう。

メリットは開設時だけではありません。その後も様々なメリットがあります。例えば、インターネットの環境さえ整っていれば、いつどこでも手続きが可能です。もちろん、土日祝日に関わらず、決済も可能です。実際に現金が手元に必要となった時でも、コンビニのATMや他銀行からの出金も出来るので、利便性は高いと言えるでしょう。

手数料の安さとセキュリティの安全性


ネット銀行は、店舗がないので、その分コストがかかっておらず、利用する側に還元されています。そのため、インターネットバンキングの利用料や、他銀行への振り込み手数料など、様々な手数料が大手の都市銀行と比べ安くなっています。これは、とても大きなメリットと言えるでしょう。

さらに、ネット銀行ではセキュリティを重要視しているところが多いのも特徴的です。事業者としては、安全性の高さはとても重要でしょう。多くのネット銀行が、セキュリティ強化に重きを置いています。例えば、パスワードを一度だけの使い切りにしたり、特に大金が大きく動くような取引や、振り込みなどの際には、その時だけのパスワードなどを用いるなど、セキュリティ強化が導入されているのです。